Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

イベント情報

Per-Ulf氏来日詳細決定

先日ご案内しました、10月中旬のPer-Ulf来日イベントの詳細が下記の通り、決定いたしました。 (j)

【イベント詳細】

『牧歌的な音色を楽しみながら スウェーデン民俗音楽について学ぼう』

◆10月 9日(金)  レクチャー&演奏  18:30〜 ¥2,500
 東京・スウェーデン大使館・オーディトリアム
 (東京都港区六本木1-10-3-100)

◆10月10日(土)  日本ニッケルハルパ協会年次総会 14:00〜(会員限定)
          記念講演・スペルマンスメーテ他  
 東医健保会館 3階ホール
 (東京都新宿区南元町4番地 03-3353-4311)

◆10月11日(日)  レクチャー&演奏   14:00〜 ¥2,000
         ワークショップ    16:00〜 ¥3,500
 さいたま市・与野本町コミュニティセンター 多目的ホール(大)
 (さいたま市中央区本町東3-5-43 048-853-7232)

◆10月12日(祝)  スウェーデン・フォークダンス・パーティー  13:30〜 ¥1,500
 さいたま市・与野本町コミュニティセンター・大ホール
 さいたま市・与野本町コミュニティセンター 多目的ホール(大)

※9日、11日のイベントは予約が必要です。申し込みは文末の問合せ先まで。
※ワークショップでは、講師はニッケルハルパを使用します。受講者はアコースティック楽器ならばなんでも参加可能です。

主催:日本ニッケルハルパ協会
後援:スウェーデン大使館

チラシのpdfファイルはこちらにあります。

【プロフィール】
Per-Ulf Allmo:
民俗古楽器研究家。写真家。
スウェーデン・ストックホルム市在住。

Rikard Engblom:
ニッケルハルパ・セックピーパ演奏者
スウェーデン・ダーラナ地方出身。
現在ウプサラ大学在籍中。


【本件に関するお問い合わせ先】 
 日本ニッケルハルパ協会
  担当者:鎌倉 和子
  TEL:080-3400-1006
  E-mail:info@nyckelharpajapan.org
  URL:http://www.nyckelharpajapan.org/  
  • 2009.09.13 Sunday
  • 19:06

イベント情報

Per-Ulf氏来日!

Per-Ulf氏は、王立工科大学に勤務中、独学でスウェーデンの民俗古楽器であるlira(リラ=ハーディーガーディ)やsäckpipa(セックピーパ=スウェディッシュ・バグパイプ)の研究を進め、著作を発表してきた民俗音楽研究家で、ニッケルハルパに関しても、独自の理論をまとめた" den gäckande nyckelharpan"の著者として有名な方です。
また写真家としても長く活躍し、スウェーデン各地のフォークフェスティヴァル等の写真を撮影し続けています。
そして、民俗音楽の専門レーベルTongångの共同経営者として、スウェーデンのフォークミュージック界に大きく寄与されてきた方でもあります。

今回の来日において、Per-Ulf氏は、彼の研究題目であるニッケルハルパを中心とする民俗系古楽器の歴史的な考察に関しての講演を行いたいと考えています。
また、それに当たっては、彼の所蔵するたくさんの映像資料並びにCDによる多くの音源を利用する予定です。そして嬉しいことにニッケルハルパとsäckpipaについては、Rikard Engblomという若手演奏家を同行し、生の音を聴衆に聞いてもらえることになっています。
Rikardはダーラナ地方出身の学生で、säckpipa、ニッケルハルパに関して非常に優れた才能を持つ、スウェーデンフォーク界の有望株の若手演奏家です。
ニッケルハルパ協会としては、彼らの来日期間に合わせ、協会主催の諸行事の一環として、10月の3連休を中心に都内近辺で数回の講演やワークショップをを行いたいと考えております。


協会のホームページに速報用のチラシをアップロードいたしました。


今後詳細決定次第、こちらでもご案内していく予定です。

(j)


Per-Ulf氏


ニッケルハルパを弾くRikard


säckpipaを演奏するRikard
  • 2009.08.27 Thursday
  • 02:47

活動報告

スペルマンス・メーテ無事終了

今回初の試みだったスペルマンス・メーテ、たくさんのご参加を頂いて無事終了しました。

ワークショップとの併設で進行にいろいろ不手際があり、皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。楽しんで頂けたなら、なによりだと思います。ご参加の皆様、どうもありがとうございました。

また、今回、暑さでボケていたのか、担当者がカメラを忘れてしまい、会員のMさんにお借りして撮影させていただきました。重ね重ね、色々とすみません。

さて、定刻少し過ぎて始まったメーテでしたが、まずは皆で輪になってÄppelbo Gånglåt(エッペルボー・ゴングロート)でスタート。その後は、それぞれが自分の弾いてみたい曲を出し合うという形式で進めました。

弾いた曲は、2,3曲抜けているかも知れませんが、だいたい次の通りです。

Väddovalsen, Gärdebylåten, Masbo Polketten, Hem till Dalen, Kärlekvalsen, Tobogubben, Josefins Dopvals, furusato, mormors burdvals, Värmlandvisan, Schottis från Harg、・・・etc。

その後、ワークショップの一回目。
習った曲は、
Fätemyrsvalsen efter Oskar Larsson
(フェーテミールスヴァルセン)
でした。

一回目終了後、Fikaで少し休憩。
続いて、二回目のワークショップ。今度は中級者以上向けで少し難しくなりました。
Randig Kjortel efter Eric Sahlström
(ランディーク・ショッテル)

一息ついた後、スウェーデン風にロングボード形式でテーブルを囲んで持ち寄ったお弁当を皆で頂きながら歓談。
食事が済んだ段階で、いったん終了させていただき、以降は希望者の方が残って弾き続けることにしました。
最終的な解散は21時頃。みなさん、半日以上にわたってのご参加お疲れさまでした。(j)

写真はワークショップの合間の自由演奏の風景






  • 2009.07.19 Sunday
  • 23:42

イベント情報

スペルマンス・メーテ〜演奏家の集いのご案内

来る7月19日(日)午後から、日本ニッケルハルパ協会主催で『演奏家の集い(スペルマンス・メーテ)』を開催します。

ステンマと違い、演奏のみの集まりをメーテと言います。
アコースティック楽器ならば、誰でも参加自由。見学も歓迎です。
出入りについても、ステンマ同様自由です。
皆さんのご参加をお待ちしています。

《開催要項》

日 時 7月19日(日) 13時30分〜20時(会場は21時まで利用可能)
場 所 常盤公民館(3月と5月のステンマの屋内会場です)
      京浜東北線北浦和駅すぐ
      http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/526f482d56948e557e1fa8b97efb1f4c/


《スケジュール》
13:30 スタート〜自由演奏
14:30-15:30 [ワークショップ1]
15:30-16:00 Fika(協会が用意)
16:00-17:00 [ワークショップ2]
17:00-18:00 自由演奏
18:00-18:45 Fika(各自持ち寄りによる夕食、飲み物は用意します)
19:00- 自由 (協会持ち込みのものは撤収)

参加費は600円(会員500円)
基本的に出入りは自由、ただし参加費は一律。

《ワークショップ》
前半は初級者向けの曲
後半は中級者以上の曲
会費はどちらも一回600円(会員500円)

※ワークショップ開催中、参加されない方は別室にて自由演奏が可能です
  • 2009.07.12 Sunday
  • 22:59

スウェーデン情報

教会コンサート続報

先日ご紹介したRimboでの教会コンサートですが、その後Per-Ulf先生より写真が送られてきました。

このコンサートは、同じくRimboにあるEkebyholmというお城で毎年行われるニッケルハルパのサマーコースの最後に行われるものだそうです。

このコースの様子は、昨年参加されているfissの本田さんのブログに詳しく書かれています。

写真を見ると、今年も鎌倉会長以外にも日本の方が参加されたようです。
(最近その方のブログを拝見しましたので、リンクさせていただきました)

  • 2009.07.03 Friday
  • 11:28