Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

ニッケルハルパ情報

ニッケルハルパを弾いてみよう

6月、7月のニッケルハルパ入門コースをご案内いたします。



●6月日曜入門コース●
 第1回 2016年6月19日(日) 15:00〜16:30
 第2回 2016年6月26日(日) 15:00〜16:30

●7月日曜入門コース●
 第1回 2016年7月10日(日) 15:00〜16:30
 第2回 2016年7月24日(日) 15:00〜16:30


?コース受講料 お1人 ¥6,000(税別)
?ニッケルハルパレンタル料 2回分 ¥1,000(税別)
合計 ¥7,000(税別)
※楽器をすでにお持ちの場合は、必要費用は受講料のみです。


<教室の申込み先>
レソノサウンド
info@resono-sound.com
(24時間受付)

  • 2016.06.04 Saturday
  • 10:30

ニッケルハルパ情報

ニッケルハルパのキー調整

初めて購入したニッケルハルパは夏場に湿気を含んで、キーの動きが固くなることがあります。

ここでは、キーを削って、動きを滑らかにする作業の例をご紹介します。ニッケルハルパによっては構造が異なるので、ご注意下さい。

1. 揃えるもの
(1) 紙やすり(細目#400)
(2) プライヤ
(3) 精密ドライバ
(4) 木槌
(5) シール台紙
(6) 白紙
(7) 鉛筆
(8) チューニング用工具(ニッケルハルパの付属品)


2. 準備
 作業場所は机や食卓を利用すると良いでしょう。さらし布を敷いて、楽器を乗せます。
 動きにくいキーに印を付けます。印はキーの番号を書いたシール台紙を切り抜いて、キーの先端に貼り付けたものです。




3.手前にある一番上の細板を外します。
 マイナスドライバで木ねじを取るとすぐに外れます。

  

4.高い方のキー(11〜20番)はこの状態で外れます。

 紙やすりを使って、側面と裏面、それぞれ上と下とを慎重に削ります。少し削っては、一旦楽器に戻し、動きを確かめ、滑らかになったら、ティッシュペーパーで良く拭いて、仕上げに鉛筆を塗りつけます。

 キーを折ったりしない為に、力を入れすぎないよう気をつけましょう。

 

5.低い方のキー(1〜10番)は、下の段のキーに打ち込まれているLÖV(白木の軸)を抜く必要があります。2段目の板もプラスドライバを使って木ねじを外します。LÖVの向きは外す前に白紙に絵を描いて記録しておいて下さい。
 プライヤはLÖVを傷つけないように、先端の挟む部分は金属ではなくプラスチックになっている木工用のものをお勧めします。LÖVが折れないように、左右に何度も回しながら、ゆっくり引き上げて、外します。

 

 



6.最終作業です。
 外す前に白紙に絵を描いて記録していた向きになるよう、LÖVを木槌で丁寧に打ち込み、付属品のチューニング用工具を使って元の位置に戻します。木槌で打ち込む時、弦が鳴るので、左手で軽く押さえておきます。
 再組立後、どのキーも滑らかかどうか確かめます。弓で弾いてみて、どのキーもきちんと落ちることを確認して終了です。

  • 2013.03.19 Tuesday
  • 15:44

ニッケルハルパ情報

ウーロフ・ヨハンソン氏へのインタビュー

協会のYouTubeアカウントより、
ウーロフ・ヨハンソン氏へのインタビューへのインタビューをアップロードしました!

ニッケルハルパの伝承の拠点である
エリック・サールストロム・インスティテュートで
長年専任講師を務めるウーロフ・ヨハンソン氏に
会長の鎌倉和子がインタビューしました。

氏は、伝統的なニッケルハルパ音楽を伝承する人として
本国で後進の指導にあたるのみならず、
第一線で活躍中のバンド、Väsenのメンバーとして
世界中にニッケルハルパを広める役割を担う人です。

  • 2013.02.06 Wednesday
  • 01:18

ニッケルハルパ情報

ウップランド地方のスペルマン・ステンマ

協会のアカウントから、ウップランド地方のスペルマン・ステンマの動画を公開しました

大人も子どもも、みんなが一緒になって演奏をする、
スウェーデンの温かい音楽の姿が表れています。

協会の原点になったような動画です。

ぜひ一度ご覧ください。


 
  • 2013.02.03 Sunday
  • 20:12

ニッケルハルパ情報

キーボックスの分解写真アップしました。

以前、協会メンバーと一緒にキーボックスの分解修理をしたときの写真を、協会ホームページに掲載しました。
こちらから見に行くことが出来ます。

キーの動きがスムーズでないので、キーボックスを分解し、それぞれのキーの先端を削って、動きを調節しました。すべてのキーを外したので、元に戻すまでには確か2時間以上かかっています。

申し訳ないのですが、記録をきちんと取っておかなかったので、個々の写真がどの部分かまでは分らなくなってしまっています。
ただ、一般の方でも「あのキーボックスの中身はどうなっているんだろう?」と疑問を持たれる方が多くいらっしゃるようなので、参考になればと公開させていただきました。(j)



  • 2009.09.23 Wednesday
  • 13:37