Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

スウェーデン情報

伝承地ウップランドのスペルマンステンマ

 



オステビブルク ニッケルハルパステンマ

(Österbybruknyckelharpastämman)


本国で唯一「ニッケルハルパステンマ」の名を持つスペルマンステンマが

 6月15,16日の2日間、オステビブルクで開催されました。



今年はウップランドショッティス大会が同時開催だったため

民族衣装姿が多く、華やかなステンマとなりました。

またリックスペルマンの表彰式があって彼らの演奏が聴けることもあり、

たくさんの人が集まりました。


このリックスペルマン表彰式の後には、聴衆たちの最大の関心事

ソーンマルケット(Zornmärket) のゴールドメダル受賞者の発表!

今年の受賞者は、92才のニッセ・ノルドストロム(Nisse Nordström)氏と,

47才のウーロフ・ヨハンソン(Olov Johansson)氏の二人 

このゴールドは、その人の素晴らしい演奏への賞賛のみならず、

スウェーデンの民族音楽界に大きく貢献したことに対する賞です。




<初日の土曜日11:30 ウップランドショッティスがスタート♫>






<ウーロフとニッセ:襟元の金のバッジが輝いています♫>



ちなみにトップの写真は40kr(約600円)の参加費を払うともらえるシール。

民族衣装を着た女性が、昔風の木の皮で編んだカゴの中に入れて

会場内を歩いて売っていました。

  • 2013.06.18 Tuesday
  • 15:56

スウェーデン情報

速報:17才のリックスペルマン誕生!


今週ウップランドで開催されている Zornmärket 2013「ソーンマルケット2013」に、初めての挑戦をした Petrus Dillner (ペートルス ディルネル)君が、ソーンマルケットのシルバーを獲得し、若干17才でRiksspelman(リックスペルマン)になりました。


去年の夏、エルヴカーレビー研修会で協会の会員がアシスタントの先生としてお世話になったペートルス君です!一回の挑戦でいきなりリックスペルマンになるのは難しいことなので、本国でも大きなニュースになっていますよ。



こちらで去年のサマーコースの様子が見られます。



  • 2013.06.13 Thursday
  • 20:30

スウェーデン情報

スウェーデン音楽情報

  日本ニッケルハルパ協会顧問のPer-Ulf Allmo氏からスウェーデンの音楽情報が寄せられましたのでご紹介します。

***

「2012年12月31日、最も高名なニッケルハルパ奏者の一人であるハッセ・イッレ(Hasse Gille)氏が81歳でお亡くなりになりました。写真1はエリック•サールストロム• インスティテュートでの会合で彼がニッケルハルパ製作者の方々に演奏をしている様子です。

出席者の中には、11月28日に逝去されたターゲ・ラーション(Tage Larsson)氏の姿もあります。

また、スンニヴァ・アベリ(Sunniva Abelli)氏は26歳の誕生日にストックホルム音楽大学からニッケルハルパの修士号を授与されました(写真2)。」


【写真1】
会合

【写真2】
Sunniva
  • 2013.03.03 Sunday
  • 19:17

スウェーデン情報

ワークショップとレイフ・アルプショー氏について

レイフ・アルプショーの合宿研修について

                 
2008年10月、日本ニッケルハルパ協会がレイフ・アルプショーを日本に招聘。会員向けの講習会や、スウェーデン大使館、NHK包装博物館等でのコンサート、数々の交流の集いが開催されました。

中でも連続講習会開催、そして希望者への個人レッスンは、日本のスペルマン(ニッケルハルパ、フィドル) 育成に意義のあるものとなり、最終日に開催したレイフのステンマは、多くの日本のスウェーデン民族音楽関係者に現地の雰囲気を伝えるものとなりました。

現地スウェーデンにニッケルハルパの演奏者はたくさんいますが、教育者という立場で活動する人は多くはありません。当協会を設立時から支援する Per-Ulf Allmo氏 の推薦によりレイフ招聘を決定し、それは大変良い結果を生みました。


その時の Per-Ullf 氏の推薦の理由は、

「彼は、
初心者から熟練者まで、子どもから老人まで、
あらゆるスペルマンの一人一人の問題点を考慮し、
その人に最も適切なアドバイスが出来る教育者です」

とのことでしたが、
それは日本で指導を受けた人が実感することとなりました。

その2年後の2010年、もう一度彼の指導を受けたいという熱心な協会会員の要望により、第一回のエルヴカーレビー合宿が開催されました。この時は、現在の合宿施設は建設中で、日本人5名+スウェーデン人2人の少人数のコースでした。

翌年2011年には合宿所も完成し、レイフがドイツ、イギリス、スイス、アメリカ、そして日本に呼びかけて第二回の開催となり、日本からは2名の参加でした。そして講師には初心者への手ほどきに定評のあるエドワード・アンダションを迎え、アシスタントには2010年のペートルスに加えて若手ホープ、トールも加わり、より充実した研修内容となりました。

以上がこれまでの経緯です。



今回の第三回は、当協会が日本からの申込み、問合せの窓口となります。
ご遠慮なくご相談下さい。
ただし、アーランダ空港までの行き帰りの渡航は関与いたしませんので、ご了承下さい。

         
  
                     日本ニッケルハルパ協会会長 鎌倉和子

【注意!】
昨年のこのワークショップが大変好評で、参加者の2年連続申込みもあり、
すぐに定員に達する可能性があるので申込みは急いだほうが良い!
と、当協会顧問パールウルフ氏からの連絡があったことをお伝え致します。
  • 2012.01.01 Sunday
  • 00:00

スウェーデン情報

NHK BS 第2弾

ハイビジョン特集 アグネータと魔法の切り絵

NHK BSプレミアム

 7/30(土)22:00〜23:30
再7/31(日)16:30〜18:00


http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/


第2弾です。
  • 2011.07.29 Friday
  • 12:30